【オーストラリア】TAS州公立校正規留学2024-2025
Tasmania Government Education International

プランコード : AATT

ホバートのあるオーストラリア・タスマニア州への中学高校留学

オーストラリア 中学生高校生 スタディアブロード正規留学

  • POINT1

    大学からのオファー率98%

  • POINT2

    生徒の97% は地元の学生

  • POINT3

    ユニークな教育制度

オーストラリア・タスマニア州の中学・高校に正規留学するためのプログラムです。

タスマニア州は北海道とほぼ同じ面積を有する離島で、島のおよそ40%は国立公園や世界遺産に覆われている自然豊かな留学先です。脱炭素が叫ばれる現代社会においてタスマニアは電力の多くを水力発電で補うことでカーボンネガティブ(温室効果ガスの排出量が、吸収量よりも下回っている状態)を達成しており、近年注目が高まっています。

タスマニア州の公立校は、州内17の公立校で留学生を受け入れており、留学生は州内最大の都市ホバート(とはいえ人口約25万人)がある南部、またはより自然に恵まれた北部のいずれかでリクエストを出すことができます。島内全体の留学生は250名程度なので留学生が少ない環境に身を置きたいという方にはこの上ない留学先といえます。ただしタスマニア州の公立校では留学生向けの準備英語コースを提供していないため、渡航前に英検2級以上まで英語力を上げておくことが求められます。

タスマニア州以外の公立校ではYear7(中学1年)からYear12(高校3年)まで過ごすことが一般的ですが、タスマニア州ではYear10(高校1年)を終えた段階でシニアセカンダリースクールと呼ばれるYear11/12(高校2/3年)専用の学校に進学します。シニアセカンダリースクールは制服がなく、授業もより専門的になるため、まるで大学生活のような生活環境を体験することができます。このようなシステムを採用しているのはタスマニア州と首都キャンベラだけです。

[参照リンク]

入学条件
12~18歳
場所
オーストラリア・タスマニア州
開催期間
1学期~卒業まで
滞在方法
ホームステイ
費用
為替レートによる変動があるため、お見積もりにてご案内いたします。
費用に含まれるもの
入学金、授業料、滞在費、滞在登録費、課外活動費※一部有料オプション有、空港送迎費、お申込金、国際通信費、送金手数料、24時間緊急電話サポート費
その他
-
アクティビティ例
-
         

紹介動画

地図