正規留学基本ガイド

小学校・中学校の正規留学ってどんなもの?

「小学校・中学校の正規留学」とは、海外の小学校・中学校で単位取得、あるいは卒業することを目的とした長期留学のことをいいます。留学先は私立校が一般的ですが、公立校やパブリックスクール、インターナショナルスクールなど、さまざまな形態のスクールの中から選べます。

正規留学でもっとも広く利用されているのが「私費留学」です。これは個人が直接学校を選んで留学するもので、お子さんが希望する国・期間を自由に決める事ができます。入学に際して特別な試験や語学力を要求されないケースが多く、条件さえ合えば何年でも留学できるのが特徴です。

このようにジュニアの正規留学は、お子さんの留学目的や将来の進学先、現在通っている日本の学校のサポート体制に応じて選ぶべき留学先が異なります。留学はお子さんの人生に関わる一大イベントですから、決める際には留学のプロフェッショナルによるアドバイスや先輩たちの体験談など、情報収集をしっかりと行ったうえで慎重に判断しましょう。

このように正規留学は、お子さんの留学目的や将来の進学先、現在通っている日本の学校のサポート体制に応じて選ぶべき留学スタイルが異なります。留学はお子さんの人生に関わる一大イベントですから、決める際には留学のプロフェッショナルによるアドバイスや先輩たちの体験談など、情報収集をしっかりと行ったうえで慎重に判断しましょう。

小学校・中学校の正規留学のメリット

ひと昔前まで、ジュニア向けの正規留学と言えば高校生の留学が主流でした。しかし近年では、中学から海外のスクールへ編入することも珍しくなくなり、正規留学の若年化傾向が顕著にみられます。

この現象の背景として、日本での英語教育に物足りなさを感じる親御さん・お子さんにとって、「使える英語」と国際感覚をじっくりと身につけられる海外留学は非常に魅力的なようです。 また、海外への事業展開が加速する本格的なグローバル時代に向けて、就職時に重視される「コミュニケーション力」と「異文化への適応力」を早くから子どもに習得させたいという、親世代の教育意識の高まりも影響していると思われます。

欧米では勉強はもちろん、芸術やスポーツ、地域のボランティア活動などにも力を入れた全人教育を目指している学校が多く、恵まれた教育環境の中でお子さんはのびのびと成長するでしょう。さらに、生活全般にわたった指導が丁寧に行われる全寮制スクールに留学すれば、規則正しい生活リズムや規律、チームワークも身につけられます。

ただし、小学校・中学校の義務教育期間に日本をはなれる事は、お子さんにとって大きなリスクを伴います。日本語の発達が中途半端になり、日本の歴史や文化に関する基礎知識が欠落する事は否めません。定期的に漢字の書き取り練習を行う、日本語の本を読むなど、留学中も日本についての学習を続ける努力は不可欠です。