小学校・中学校の正規留学

どんなプランがあるの?

小学生・中学生の正規留学プランは、長期にわたって現地の小学校・中学校に通学し単位取得や卒業を目指すプランです。
アメリカ、カナダ、イギリス、スイス、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランドなどの他、近年はアジアの学校に進学するケースも出てきました。
ここでは学校の形態別にその特徴をご紹介します。

ボーディングスクール

学生寮に滞在して学校生活を送る私立高校のことをボーディングスクールといいます。
どこの国でも日本の保護者が同行せずに公立の小・中学校に通うのは不可能なので、ボーディングスクールの受け入れとなります。
ボーディングスクールでは教師・学校スタッフともに寮に住むことが珍しくありません。
イギリスのボーディングスクールの様子を映画『ハリー・ポッター』で見ることができますが、映画さながら、一緒に食事をとり、休日を過ごしながら私生活における規律を身につけていきます。

パブリックスクール

イギリスの名門中学のことをパブリックスクールと言います。
将来、政界や国際ビジネスの中枢を担う学生たちが通うエリート校です。
あまりの名高さに、通学風景が観光名所となる場所も。

公立校

小・中学生で公立校に通える国は限られています。
カナダやニュージーランド、オーストラリアのように公立校にもふんだんな教育予算が割かれ、留学生誘致にも積極的な国の場合、留学生サポート体制に非凡なものがあり安心して入学できるでしょう。
公立校といえども学校ごとのカラーが際立っているところもあります。
ダンスや演劇に力をいれる高校、サッカーが強い高校・・・など才能を伸ばすための特別教育を行う高校もたくさん。
いずれの場合も学業との両立は必須なので、勉強に得意分野に、忙しい学生生活になりそうです。

インターナショナルスクール

地元の学生だけでなく、広く世界中から学生を集めているのがインターナショナルスクール。
スイスのインターナショナルスクールのように「将来は社交界デビューか」という学生が集まるスクールもあれば、全校生徒が20名で、家族のように過ごすインターナショナルスクールもあり、その内容はバラエティ豊かです。

「子どもの頃からずっと地元に住んでいる学生ばかりの環境では、溶け込むのはちょっと抵抗がある」
「第二外国語同士のほうが友達になりやすい」
などインターナショナルスクールのメリットは見逃せないものがあります。