海外の教育制度

海外では、留学する国によって教育制度が大きく異なります。アメリカやオーストラリアなど、州によって制度が違う国があったり、留学する目的や学年によって変わるなど、正規留学を決めるために調べなければいけないことは多岐に渡ります。ここでは、ジュニア世代に人気の高い5か国の教育制度について、簡単にご紹介しましょう。

アメリカ

自由と自主性を尊重する国、アメリカ。さまざまな「個性」がひしめきあう学校内では、クラスメイトや先生と積極的に意見を交わします。ここでは自主性をもつことが留学成功の鍵です。
世界的に有名な大学が多いので、将来の大学進学を見据えて早めに留学するのも手。テニスやゴルフなど、スポーツ留学に挑むお子さんも近年増えています。

詳細ページへ 

カナダ

治安がよく学業も盛んなカナダは、ジュニア世代の留学に最適と言えます。移民が非常に多い事から、住民に助け合いの精神が根付いている点も"心地よさ"の理由です。
留学生は私立校よりも公立校に入学するのが一般的。低予算で良質な教育を受けられます。バンクーバーをはじめとする都市部の学校は留学生の比率が高いので、不安の多いお子さんにおすすめ。

詳細ページへ 

オーストラリア

国全体で教育に力を入れ、最新の教育手法も積極的に導入している教育大国、オーストラリア。世界的に教育レベルが高いことから、各国の留学生が集まります。
授業で日本語を学ぶ学校も多いため、日本人にとってなじみやすい環境です。陽気でおおらかなホストファミリーが、引っ込み思案なお子さんを温かく迎えてくれるでしょう。

詳細ページへ 

イギリス

高い教育水準で安定した人気を誇るイギリス。幼い頃から、将来を意識させる教育を施す点が特徴です。他国と比べ日本人留学生の割合は少ないため、ネイティブの子供達と同じ授業についていくにはそれなりの覚悟が必要となります。
滞在先は生徒の面倒をしっかり見てくれる学生寮。慣れない海外生活も安心して踏み出すことができます。

詳細ページへ 

ニュージーランド

美しい自然と治安の良さが自慢のニュージーランドは、10代の留学にうってつけ。のんびりした時間に身を任せながら、思う存分学業やスポーツ、課外活動に専念できます。
留学生の多くは公立校へ入学。5か国のうち最も安く留学できる点もニュージーランド留学の大きな魅力です。親身に接してくれるホストファミリーが、留学中の心の支えとなってくれます。

詳細ページへ