サマースクール・サマーキャンプ・短期留学基本ガイド

どんな留学タイプがあるの?

短期ジュニア留学、とくに夏休み向けのプログラムは開催地や対象年齢に応じてその種類も豊富にあります。

語学学習に集中して取り組めるもの、
スポーツや文化交流などのアクティビティが充実しているもの、
ローカル学生たちと交流できるもの、
各国の若者と共同生活するもの、etc

どんなスタイルの留学にしたいかはあなた次第。
ここでは基本となる6つの留学パターンをご紹介します。

(1)サマーキャンプ/サマースクール

語学学校主催のジュニアコースに参加する方法です。
午前中に語学レッスンを受け、午後はクラス全員で課外活動にでかけるカリキュラムが一般的。
課外活動ではビーチバレーや乗馬などのスポーツを体験したり、観光地で名所旧跡を見学したり、楽しめる趣向になっています。
世界各国から学生が集まり、日本以外には韓国・中国・台湾などアジア諸国、イタリア・スイス・オランダ・ドイツ・フランスなどヨーロッパ各国、ブラジル・メキシコなど中南米から来ています。
非常に国際色豊かなのが特徴で、第二外国語のつたない語学力どうし、気軽に会話が始められるでしょう。
英語力は初級から参加できます。
滞在はホームステイまたは寮です。

(2)語学研修

語学学校または海外の小・中・高校に併設された留学生向けの語学コースで語学レッスンを受ける方法です。
短期間でもしっかりと学びたい方や、将来の長期留学を考えている方に向いています。
一般英語(外国語)、進学準備、語学力判定テストの対策コースの中から選べ、レベル別に実践的な英語指導が受けられるのが特徴です。
週末にはスクール主催のイベントや小旅行に参加して、クラスメイト以外にも友達の輪をひろげられます。

(3)英語教師宅ホームステイ

英語(外国語)教師の自宅に滞在しながら語学研修を受ける方法です。
人見知りがある方や、マイペースな個人レッスンをお望みの方に向いているでしょう。
語学以外の習い事を付け足すこともできます。
「常に誰かが付いている」という安心感があることや、話す相手が一定で「話し慣れ」できるのが最大のポイントです。

(4)スポーツ

サッカー、野球、テニス、ゴルフなどスポーツの英才教育を目的とした短期合宿留学です。
将来を嘱望される世界中の金の卵が集まり、集中トレーニングを行います。
精神鍛錬・テクニック向上と同時に、世界のレベルを体感できるというメリットがあります。