お父さん・お母さんのための留学勉強室

お問い合わせボタン

毎日めまぐるしい勢いで"グローバル化"が進んでいく昨今、海外留学は誰もが実現できる身近なモノとなりつつあります。 けれど、いざ留学について調べてみると、ふだん聞き慣れない専門用語が飛び交ったり、日本の常識が通じない場面に遭遇するなど、予期せぬハードルにぶつかるケースが目立ちます。これではせっかく海外に出る意欲があるのに、途中で煩わしくなって留学をあきらめる…という残念な結果に終わってしまうかもしれません。
このコーナーでは、留学業界に精通している「DR.ビーバー(教授)」を中心に、時には各方面の専門家のアドバイスも紹介しながら、留学にまつわる最新ニュースをわかりやすくお届けします。また、留学に関係深い重要ワードの解説や各テーマに沿ったおすすめプログラムの提示など、留学準備に役立つ情報も満載。どうぞご期待ください。

top-uemzawa

第3回 TOEFL Primary®・TOEFL Junior®運営団体GC&T社長 梅澤直臣氏に聞く、今後のジュニア英語教育に必要なこと

「子どもの英語教育は、どのように行なっていけば良いのだろうか?」

 

2018年から小学3年生での「英語授業(外国語活動)」が必修化し、2020年からは小学5年生の「教科化」がされ、週2時間の授業が時間割に組み込まれることとなる。世の中の状況が大きく変わる中、多くのお母さん・お父さんが、小学校での英語学習以外にも“短期留学”や“家庭での英語学習”など、様々な選択肢から「自分の子どもに最適な学習方針」に悩むのではないだろうか。

そこで、今回は、約30年もの間、英語教育に関わってきた、初代大阪英語村“OSAKA ENGLISH VILLAGE”館長で、現在、ジュニア層向けの“TOEFL Primary®”“TOEFL Junior®”を運営するグローバル・コミュニケーション&テスティング(GC&T)社長の梅澤直臣氏に英語初級学習者向けテスト“TOEFL Primary®”、そして「今後のジュニア世代向けの英語教育」について話を伺った。

takizawa-sensei

第2回 楽しい英語教育を求めて!瀧沢広人氏に伺った!子どもの英語力を伸ばす3つのコツ

瀧沢広人(たきざわひろと)氏

瀧沢広人(たきざわひろと)氏

「子どもの英語力はどうやって伸ばせばいいのか?」

2020年、小学校での外国語授業は、小学5年生から「教科」となり、週2時間の英語授業が時間割に組み込まれることとなる。それに伴い、2018年からは2年後を踏まえ、小学校3年生から「外国語(英語)活動」が先行実施となり、今後の英語教育は、今の親の世代が受けてきたような「読む・書く」を重視したものから、「聞く・話す」を重視したものにどんどんシフトしていく。

このような制度改革からもわかるように、今後、ジュニア世代の将来に“英語”は欠かせないものとなり、あり方も変わっていこうとしている。

ただ、「そのような動きに、自分や子どもがついていけるか不安だ」という保護者も多いのではないだろうか。また、「自分の子どもの英語教育をどのように行なっていけばいいのか?」。そんな不安も聞こえてきそうだ。そこで、今回は、英語教員歴29年の中で、多くの英語教育関連の著書も出されている瀧沢広人(たきざわひろと)氏に伺った子どもの英語教育の3つのポイントについて紹介したい。

beaver12top-2

第1回 留学はおじいちゃん、おばあちゃんからのプレゼント

「子供には若いうちに海外経験をさせておきたい。けれど、家計への負担が・・・」
留学が身近なものになりつつある一方、このような話題を耳にする機会も増えています。
そんなご家族に朗報!「贈与税の非課税制度」を利用した賢い留学方法をマモル君のケースをもとにDr.ビーバーが詳しくご紹介します。