サマースクール・サマーキャンプ・短期留学基本ガイド

サマースクール・サマーキャンプ・短期留学ってどんなもの?

サマーキャンプ・短期留学とは?

サマーキャンプ

海外の一部の語学学校では、小中高生のジュニア留学生を対象にした『サマーキャンプ』と呼ばれるプログラムを開催しています。これは、夏休みの間、現地学生が帰省して空いているキャンパスを利用して、留学生に学習と異文化体験をしてもらおうというプログラムです。1~2週間という短期間から参加で、参加に際して特別な資格や語学力も要求されないことから、初めて海外を訪れるお子さまでも参加することができです。近年は語学だけでなく、サッカーやダンス、テニスなどのスポーツを組み合わせたプログラムやアートや音楽などの組み合わせたプログラムまで…新しいタイプのプログラムが続々と登場しています。

短期ジュニア留学

これに対し『短期ジュニア留学』とは、夏に限らず1年を通して好きな時に参加できるプログラムのこと。語学学校やスポーツアカデミー、小・中・高校などさまざまな教育機関が開催しており、語学研修の他にも、アクティビティが充実している楽しさ満点のものや現地スクールへの体験入学など、目的も場所も異なる豊富なプログラムの中から、自分の興味にあわせた選択が可能です。 だれでも気軽に海外留学を"お試し"できることから、この経験を足掛かりに長期留学や高校・大学進学につなげるケースも見られます。

サマーキャンプ・短期留学のメリット

サマーキャンプや短期ジュニア留学はヨーロッパやアジア諸国のジュニア層を中心に盛んに行われています。日本でも近年、夏休みや春休みを利用して1週間~2ヶ月程度の海外生活体験をするお子さんが急増中。この現象の背景には、今後ますます加速する社会のグローバル化に向けて、親世代の「子どもを国際感覚ある人間に...」という教育意識の高まりが影響していると思われます。

ジュニア世代から海外留学・海外ホームステイを経験すると、異文化に対する興味が高まるとともに、国際感覚と協調性が養われ、自立心と問題解決能力を伸ばします。世界中から集まる同世代の子どもたちやホストファミリーとの触れ合いを通して、国や文化の違いを超えたコミュニケーションの楽しさを実感するでしょう。