海外で過ごす特別なクリスマス

こんにちは、札幌オフィスの宮武です。

 

今日は朝からかなり吹雪き、本格的な冬の到来を感じています。

 

さて、あっというまに12月になりましたね。12月と言えば、やっぱりクリスマス☆

 

日本でも大きなイベントではありますが、やはり日本よりクリスチャン文化が色濃い海外ではクリスマスは最大のイベントといっても過言ではないでしょう。

そこで・・・、

皆さんは、『Candy Cane Lane [キャンディーケーンレーン]』を、ご存知ですか?

shutterstock_114877261

Candy Cane(Cane=ステッキ・杖)といのは、クリスマス時期に子供達がもらうクリスマスのお菓子の一つで、杖を模ったスティック状の飴です。

 

そしてLaneというのは、路地や細道などと訳される事がありますが、『Candy Cane Lane』というのは、もちろん道の正式名称ではなく、クリスマス時期になると多くの家がクリスマスデコレーションを、めいっぱい飾り付けして毎年見物客が大勢来るエリアの事を指します。

私が高校留学をしていたカナダのビクトリアにも当時は小規模のCandy Cane Laneがあったのですが、有名どころで言うとカナダはエドモントン、アメリカだとシアトルにあるそうです。

 

フロントヤードからお家の窓やドア枠、屋根に至るまで、トナカイやサンタのオブジェやイルミネーションが、『これでもか!』と言わんばかりに飾られ(笑)、きっと札幌の大通公園の冬のイルミネーションにも負けないくらい、一般家庭の方々がこぞって作り上げる“季節限定のLane”が出来上がるのです!

 

中学・高校留学などで海外に渡航されると、Holiday Seasonならではのこういった風景にも出会えるかもしれませんね。

それでは皆さま、素敵なクリスマスを ☆

 

■冬休み■バンクーバー・親子でのんびりホームステイプラン 

 

●このブログを書いた留学カウンセラー●

宮武 美香 (カウンセラー紹介)

sapporo_miyatake2