すっかり恒例行事となった10月31日のイベントといえば・・・

こんにちは。

東京オフィスの北川です。
だいぶ暑さもやわらぎ、秋を感じる季節となってきましたね。

この時期になると、街で良く見かけるものがあります。そう、『ハロウィングッズ』です。

shutterstock_460141924

日本でも近年、話題となることが多くなってきた季節のイベントですが、ハロウィンってそもそも何?と思っている方も多いのではないでしょうか。

ハロウィンとは、古代ケルト人が起源と考えられているお祭りのことで、もともとは秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す宗教的な意味合いのある行事でした。

 

ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は夏の終わりとされ、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていました。それと同じ時期に出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた…。という話にちなんで、子供達は悪霊の仲間だと思わせることで、あの世につれていかれないように魔女やお化けの格好に仮装をする、という“魔除け”をするようになりました。

 

日本では、実際に家をまわって…というようなことはなかなかありませんが、皆さんが留学する様々な英語圏の国ではハロウィンの夜には、子供達が可愛らしい仮装をして近隣のお家をまわる、とても大人気なイベントです。

 

ハロウィンの時期に海外留学をすると、ホームステイ先で、カボチャをくり抜いてジャック・オー・ランタンを作ったり、仮装をして子供たちに配るお菓子を準備したり、語学学校では、先生まで一緒に仮装をして授業が行われるようなことも…! 英語が不安でも、イベントを通じてであれば友達も作りやすいですよね。

海外留学の時期に迷っている方、お友達作りが不安な方、こうした季節のイベントに合わせてご留学してみるのはいかがでしょうか?

 

●このブログを書いた留学カウンセラー●

北川 紗弥(きたがわ さや)

tokyo_kitagawa2

カウンセラー紹介