外国人の友達を作るには…

4月もあっという間に半分が過ぎて、すっかり暖かくなりましたね。

春からの長期留学生が続々と出発しはじめ、現地からは楽しんでいます!ホームシックになりながらも頑張っています、日本食が恋しいです…など様々な声が届いてきています。

 

その中でも、特に多かったのが

“日本人の友達は出来るけど、外国人の友達ってどうしたら出来ますか?”

という質問。

今回は、留学が始まったばかりの時でも実践出来る、友達を作る方法をいくつかご紹介します。

shutterstock_141894307

  1. まずは顔を覚えてもらう!

語学学校は毎週月曜日に沢山の新入生が入り、金曜日に卒業していくという人の入れ替わりが多い場所です。そんな中で、友達を作るにはまず顔を覚えてもらうことが大切。エレベーターで一緒になった人や学生ラウンジで近くに座っている人、廊下ですれ違った時や受付で一緒になった時など、まずは笑顔で挨拶することを心がけて“顔見知り”を増やしていきましょう!

 

  1. 積極的にアクティビティに参加する!

語学学校では、週に3~5回クラスのレベルに関係なく参加出来るアクティビティが開催されています。ジャンルも様々で、英語の会話クラスや発音レッスンなどのワークショップからスポーツや観光などのレジャーまで多岐にわたります。参加方法は、受付に行って参加リストに名前を書くだけで良いので、とても簡単。スポーツや観光は、英語力にまだ自信がない時でも一緒に参加するだけで楽しい時間を過ごせるのでとてもおすすめです!

 

  1. とにかく話しかける!

日本人特有の“人見知り”“シャイ”は友達作りの最大の敵。正しい英語を話せる学生は語学学校にはほとんどいないので、間違っても恥ずかしいことはないですし、単語をつなぐだけでも良いのでまずは積極的に話しかけていきましょう。話しかける内容は、難しく考えることはありません。

例えば、「Hi, how are you?」 というだけでも、「I’m good, thank you for asking! How are you?」と返事が返ってきます。

週の初めであれば、「How was your weekend?」 週の終わりに近づいてきたら、「Do you have any plans this week end?」と週末の予定を聞いてみることも出来ます。

長い文章が苦手なら、「I like your shoes!」「Your necklace is really nice!」など、持ち物を褒めてみるのも会話のきっかけになります。

語学学校に集まる留学生はみんな一人で来ていて、みんな友達を作りたいな…という気持ちを持っています。

日本ではなかなか出来ない国際交流のチャンス。ポイントは「きっかけは自分で作る」!有意義な留学になるよう頑張りましょう!

 

●このブログを書いた留学カウンセラー●

北川 紗弥(カウンセラー紹介)

tokyo_kitagawa2