サマーキャンプ参加者の気になるその後は?・・

 

こんにちは。

神戸オフィスの松岡です。

先日閉会式を終えたばかりのリオ五輪。

 

過去最高のメダル獲得数に夜な夜な寝れない方も多かったのではありませんか?

東京五輪までの4年間は、よりグローバルな視野を持つお子さんが育つのではと思います。

 

さて、今回みなさまにご紹介するのは『帰国ヤホヤのHOTなサマーキャンプ体験談』

IMG_3308

お名前:M.K君

年齢:10歳

渡航先:カナダ:バンクーバー

学校名:Tamwood Camps(※学校紹介)

渡航期間:3週間(2016年7月24日~2016年8月14日)


く前の心配点は?

無事空港でキャンプの職員さんに会えるのか。現地で皆とコミュニケーションをどうやって取ったらいいのか。

ってからの感想は?

アナカンサービスはとってもしっかりしていて、一人旅でも全く問題がなかった。(※アナカンとは?)

英語なんてできなくてもどうにかなる。でももっとしゃべれたらもっともっと楽しかっただろうな。

ラスの国籍比率は?

行く時期にもよると聞いていたけど、僕の滞在中は中国、韓国、日本が多く、その他サウジアラビア、メキシコなどが数名。8月になると日本人が増えていった。

しかった出来事は?

年齢、国籍に関係なく友達がたくさんできたこと。全メンバーで一緒にオリンピックの開会式を巨大スクリーンで見た時は、それぞれ自分の国の選手たちが入場してくると声援を送り、いよいよカナダが登場すると会場全体がとにかく盛り上がり、、、。特別な開会式になった。

撃的だった出来事は?

3時間くらいかかる外出先に向かう先で乗ったバスが山道でパンク。焦る僕らと対照的に現地の人は陽気な感じ。キャンプスタッフが冷静に対応してくれて、すぐに代わりのバスが来たり、途中で急きょBBQを手配してくれたり。結果的に思い出深いアクティビティーになった。

ルチャーショックを受けたことは?

細かいことを言えば、勝手に部屋に入ってきたり、列に並ばない国の人がいたり。びっくりしたし、色んな文化があるなと思いった。でも大事になる前に先生たちがサポートしてくれたのでショックとまではいかなかった。

一つ教訓は、先生たちはとても優しく自由にさせてくれる。ふざけてしまったり、間違ったことをしてもちゃんと教えてくれる。でも暴力だったり、差別のような言葉だったり、その場のルールを守れなかった時、それがすぐに治らない生徒にはとても厳しい。アクティビティー不参加など集団行動をさせてくれなくなる。自由だけどとっても厳しい部分があると思った。これからサマースクールに行く人は英語も大切だけど、このルールをしっかり覚えておくことがいいと思う。

っていけば良かったものは?

急きょ現地で先生にお願いして買い足した水筒。ミネラルウォーターをボトルで飲み続けると思っていたが、カナダは水道水が飲めるので、食事の時に各自の水筒に補給してくれる。

って行って良かったものは?

粉末のコーンスープ、味噌汁。3週間も居ると飲みたくなった。とてもおいしく感じた。

ってきて変わったことは?←こちらはお母さま目線でも下さい!!

(本人)もっともっと世界を知りたいと思った。英語を習うにしても、勉強をするにしても、何にしてもその先に目標があって、それに向かってやっていきたいと思うようになった。

(母)自主性が身についた気がします。何事も声をかけないとやらなかったような子でしたが、おおよそのゴール設定をするだけで、自身でペース配分して実践していってくれるようになった気がします。

また話は少しずれますが、帰国後メディカルチェックに行った際、3週間で体重が2キロほど減っていました。何も苦労していないような顔をして帰ってきましたが、本人なりに緊張の連続だったのかもしれません。そう思うと良い経験をしてきたのでは?と思います。その変化が目に見える時を楽しみにしています。

良くなったお友達は何人?

60人くらい。外国の人はもちろん、中高生の人たちも小学生の僕にびっくりするくらい仲良くしてくれた。これも初めての体験だった。

うやってお友達作りましたか?

とにかく勇気を出して挨拶をすること。僕はあまり英語が話せないけど、Hi! I’m Keita. What’s your name? これだけしゃべりかければ次の瞬間からすぐに友達になれた。

IMG_3344


などなど…10歳とは思えない感想ばかりで私がビックリしました。

今後の進路についても検討中で当初は高校から正規留学を・・・と考えておられましたが、今では少し前倒しして中学からの留学も視野に入れ始めたようです(※正規留学とは?)

 

中学から海外?高校から海外?と悩んでいるお子さんには、先ずは夏休みや春休みの短期留学から体験させてあげることがオススメです。

今からならまだ春休みの留学も間に合いますのでお気軽にお問合せ下さい。